読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NMBのリクアワ'14の話

アイドル SKE48/48G 諸々感想文

今日は新垣里沙さんのお誕生日!!この間ハタチになりました、みたいな話をガキカメでしていた気がするのにもう27歳らしいです。ああ、わたしもヲタクが長くなってきてしまったと今までにないくらい強く鮮明に思いました。恐ろしい。

ガキさんは今はすっかり舞台人、という感じなのでしょうか。でもお仕事順調そうでなによりだと思いまする。もう27歳か…。五期でそんな年齢までいってるんだなあ、と思うとなんだか不思議な気持ちですね…!!!

今日はなんばの話

今日から三日間、NMB48大阪城ホールで五周年記念ライブをやるそうで。当日券もあるらしいので是非行きたかったんですが、こちらはリクアワの発表もあったのであまりそっちに使えるお金もなく、結局行かずで終わりそうです。にわかにはちょうど良い大箱コンサートだと思ったのだけど、まあしょうがない。そんなこんな考えてたらそういえばNMBのリクアワの感想まだ書いてなかったなーって思ったので今日はそれを書こうと思いまする。

5 LIVE COLLECTION 2014 (多売特典なし) [DVD]

5 LIVE COLLECTION 2014 (多売特典なし) [DVD]

 

一日目は「恋愛被害届」からスタート。これNMB好きになる前からめっちゃ好きやってんなーこの曲。そしてここに梅田彩佳さんが加えられたことによりわたしにとって一番好きな曲となったのであった。某動画サイトででこのリクアワの恋愛被害届の映像を見たからこそこのボックスを買う決心がついたと言っても過言ではないほど、この時の梅田彩佳さんが好きなわけでございます。この映像をもしいっしょに見ることがあったら、わたししこたま解説します、どこのうめちゃんがどういいのか。まあ全部擬音だらけだと思います。うおー!とかくぅー!とか言ってるだけだと思います。

三日月の背中」はやっぱり良い。この曲を初めて見たのがちゅりちゃんを送る会だったのも大きいと思う。ちゅりちゃんを送る会の三日月の背中、ちゅりちゃんかわいすぎるから…。本当ちゅりちゃん良い奴だ…。サビの振付がめっちゃ好き。あと「プロムの恋人」も好きです。この曲の主人公ナルシスティックすぎてやばい。なんか山本彩さんにすごく合う曲だと思います(いい意味で)。プロムの恋人のあと「プロムの恋人殉職刑事ナンバーワン決定戦」とかいうのが始まって笑いました。わたしは矢倉楓子ちゃんの殉職っぷりが好きでした。美しいと思います。ていうか本当あの曲そっちのけで(変な方向に)ぶっ飛んでるMVはなんなんだ。見るたびに笑っていいのかなんなのか分からなくなるけど多分笑っていいんだと思う。特になんじゃこりゃーの辺り。

「春が来るまで」は久代梨奈ちゃんが可愛い、めっちゃ可愛い。今まで見た春が来るまでの中で一番可愛かったし、今まで見た春が来るまでの中で一番好きな春が来るまでだったし、今まで春が来るまでがこんなに良い曲だと気付かなかった!!!← そもそもわたしただいま恋愛中公演ってほぼほぼ見たことないんだよなあ。Only todayとか7時12分の初恋、Faintに帰郷とこの他にも結構好きな曲は入ってるのに公演として見たことがない。そしてそんなに好きな公演でもない。なんでやろね。。りなっちンカワヴィイ。あーりーと友達っぽいし、やっぱり可愛い(おかしい)。そんなりなっちも出てる「なめくじハート」がめっちゃアイドルアイドルしててやばかった。近藤里奈ちゃんどちゃかわいいっす…。でもこの曲、歌詞が刺さりすぎてつらいです。あと「HA!」は梅田彩佳さんの推しカメラほしい、HA!を踊る梅ちゃんを永遠に見ていたいんだわたしは…。かっこいいから…。

f:id:turuuuun:20151020122125j:plain

どっかでSKEがこの衣装着てた気がする…はあこの衣装好きムカつく好き!って思いながら当時保存したはずなのに、画像見当たらなくてしばらくググったらチームCのイベントで着てたみたい。パソコン壊れた時に取りこぼしてたんだろうな…。そんな感じ。ゆかりちゃんのHA!とか今となっては喉から腸が出るくらい見たいわ…。

このDVD買って初めて聴いたのが川上礼奈ちゃんセンターの「ちょっと猫背」なんですけど、これがめちゃくちゃ良い歌だった、良い歌っていうか、めっちゃいい。思ったよりぶちあがり系でとてもよい。ほんでちょっと猫背終わりのMCが面白かった。結構好きな曲続きだ、やっぱり難波の曲とは相性が良いな…などと思いつつ、一日目を締めるのが「結晶」っていうのが多分エモーショナル。にわかには分からんけど多分エモーショナルやと思う。あ、あと「努力の雫」っていう曲の衣装苦手すぎてわろたまる。

二日目の一曲目は「そばかすのキス」多分これもエモーショナル。アイドルの夜明け公演もこれまた見たことがない公演。アルバムはたまに聴いてる。とりあえずそばかすのキス見ても秋祭りのりのりえしーちゃんの悪乗りコントしか思い出せないからだになってしまっているので、いつもちょっとにやにやしてしまう。

わたしがNMBにのめり込む原因になった「もう裸足にはなれない」は相変わらず村瀬紗英ちゃん映るようでそこまで映らない、というかまあ衣装のおかげでなんだかんだ顔は見えづらい気がするいや前髪のせいかな…。でもめっちゃいい、この曲ここ最近で一番ヒットだった。しんきくさい曲もっとください。「涙の湘南」では誰が歌っていようと「さっとーみえっこ」といってしまう病気が治らない、そのあとの「天国野郎」は木下百花さんこわい、そんな感じ。「砂浜でピストル」はりぽぽがひじょうに可愛いのでオヌヌメ。こういうシンプルな制服衣装って案外そこまで多くない気がする。でもこういうのが一番可愛いんだよな。でもルーズソックス!そのあとの「おNEWの上履き」も近藤里奈さんがどちゃかわなのでオヌヌメです。しかし、ここ天ユニットは基本的にオリメンがやるんだよなあ。いや、それは栄のラムネでも同じことなんですが、現行チームでこのユニットをやってる子も居るわけだし、そういう子のヲタクはちょっともどかしい想いするよなあ。いや、好きやねん、好きやねんでオリジナルも。でも、でもな…?っていうね。かといって、現行ユニットが出てきたらオリメンヲタクがもにょっちゃうよね。そういうもんなんだけどさ。リクアワのシステム、ここだけがちょっとなーって思う。いっそ三人ユニットは六人で歌ったらどうだろうか?(ごめんなさい)とはいえこのリクアワで初めてオリメンおNEWを見たわたし、すっかり近藤里奈さんの可愛さに開眼したので、何とも言えないわけでございますが。なんかあのキャラで許される理由を最近理解できました。

青春のラップタイム」の歌詞は最近ちゃんと知ったけど、可愛い曲なんだなって(今更感)。スター姫なんちゃらで富士山かなんかに登ってるの、テレビで見てた気がする…。ここ天の一番好きなユニット「この世界が雪の中に埋もれる前に」もちゃんと入ってて良かった。この曲めっちゃいいわ。握手会に向かいながら聴きたい曲ナンバーワンだ。まあわたしは誰にも長い紺のマフラーをもらったこともないわけだけども…。レアアイテムだな本当…。入手困難だよ…。

「時間は語り始める」は本当の意味での良い曲ですね。これ研究生曲だったのかな?研究生はこれといい「サングラスと打ち明け話」といい「想像の詩人」といい良い曲貰ってますね。しかし明石奈津子ちゃんどちゃかわだわ…。「梢の上小鳥は誰に向かい鳴くのか 世界の涯」という歌詞があるんですが、そこを聴くたびに「鳥は青い空の涯を知らない」を思い出します…。そして金子ォ…と思います。

「何度も狙え!」もめっちゃいい、でも最初このユニット曲一番ダメなやつだった笑。なんでか分かんないけど、とりあえずNMBに興味ない頃からこの衣装がダメだった笑。今となっては衣装こみこみで可愛いけど。結局こんなもんだ、人の感情なんて…って思いながらなんでやねんコンビ凝視してる。最後にモカパンチ炸裂なのもよいですね。しかしこの曲割と長いよな。

ほんで「サングラスと打ち明け話」と「冬将軍のリグレット」が連続で来るのめっちゃよくないですか?好きです、いいですね、こういう感じ。夏が過ぎて恋が終わった系の曲好きすぎてやばい。やすすのお得意分野って感じでございますが。サングラスと~は曲の最後で一応気持ちに整理付けたことになってるのがまたいいですね。本当好きだわこの曲。本当可愛いわ明石なっつ。冬将軍のリグレットの方はあんまり未練断ち切れてなさそう。間奏の音が好きだなー。ふうちゃんの顔って初めて見た時からずっと苦手なタイプだなーって思ってたんですけど、今となっては(以下同文)

太宰治を読んだか?」は何気にめっちゃ聴いてる曲、横山由依さんと山本彩さんと山田菜々さんの声がいい感じですよね。あと歌詞がめっちゃナルシスティックで好きです。ナルシスティックな曲多くないかNMB(受け取り方の問題です)。「太宰治を読んだか?」と訊いてくる君も絶対面倒くさい人だし、読んだことなかったからって本屋で何冊か買ってファミレスに入って読みだす僕も多分面倒くさい人だと思う。失礼か。普通に失礼か。いや嫌いじゃないんですけどね。好きな人すみませんm(._.)m

で、三位は「山へ行こう」二位は「ジッパー」、一位はティームBIIの「アーモンドクロワッサン計画」ってことね。なんでもいいけど、一位発表の後歌う前に喋るのはどうなんだろう。卒業メンバー呼びこんだり、まあ分からないでもない手順ではあるけど、デデ~ンって曲名が出て曲が始まるあの瞬間がたまらなく好きなわたしとしては一瞬落ち着いてしまうので、ちょっとあのまま曲に入ってほしいなという想いがあります。アーモンドクロワッサン計画も最近好きな曲です。この曲、途中で時間が飛んでると思っていいのかな。

冒頭では「18で時計は止まらないし」と歌いつつも後半になると「たかがパンだと思って修行してされど奥は深かった」「親だって年を取って来たしお見合い写真チラチラ見せるし」とくる。18でお見合い写真見せてたら早すぎるし、思いついてから修行して奥がふけえ、と思うのも早すぎるから、やっぱり時間が過ぎてちょっと年取ったんだろうか主人公の女の子。パンの修行諦めたのかな。ちょっと強情なパン職人あなたになってもらって、って、もう自分でパンの修行するのはあきらめたのかな。などと考えながら聴いています。

案の定長くなったな。割と繰り返し見ています。最近現場で楽しむ栄、在宅で楽しむ難波っていう感じのすみわけがしっくりくるなっていう風に思うようになってきた。