読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきりんワールドに旅行してきた

アイドル SKE48/48G

というわけで、なぜか勢いで申し込んでしまった柏木由紀さんの1st Tour ~寝ても覚めてもゆきりんワールド 日本縦断みーんな夢中にさせちゃうぞっ♡~の大阪公演がついに当日を迎えましたので、大阪はフェスティバルホールまで行ってきました。本当に勢いだけで申し込んだので、あああの七千円(弱)があれば…と引き落としの日から当日まで何度思ったか分からないくらい頭を過ったのですが、ふたを開けてみればとてもいいコンサートだったので、行って良かったです。

フェスティバルホールは格式高い会場で、コンサートするアーティストを選ぶというような噂を聞いたこともあったのですが最近ではそうでもないのでしょうか。まあそんな真偽の分からない話はさておきとても綺麗な会場でした。何気に初めてだったな~。

https://www.instagram.com/p/BEdSqjKBtc3/

18時開場19時開演という遅めの時間設定で、スーツ姿の人も結構見かけました。遅くなると帰りが大変な人も増えるとは思うのですが仕事帰りにサクッと立ち寄れると思うとナイスな時間設定なのかもしれません。

1.シアターの女神
2.遠距離ポスター
3.呼び捨てファンタジー
4.希望的リフレイン
5.てもでもの涙
6.Green Frash
7.ジッパー
8.365日の紙飛行機
9.ナギイチ ←New
10.青春のラップタイム ←New
11.夜風の仕業
12.沈黙
13.桜の木になろう
14.ショートケーキ
15.前しか向かねえ (ギター演奏)
16.ジェラシーパンチ
17.未来橋
18.初日
19.ハロウィンナイト
20.ポニーテールとシュシュ

EN1.Birthday wedding
EN2.明日も笑おう
EN3.大声ダイヤモンド
EN4.あなたと私

GIOGIOの奇妙な速報‐AKB48まとめたのヽ(゚⊥゚)ノ : 柏木由紀1st LIVE TOUR 大阪公演セットリストまとめ

セットリストはまとめサイトから。

そもそもの開演自体が遅いというのに、そこから15分ほどおしましたね。隣のお兄さんがとても良い人でいろいろ話しかけてくれたのでヒマしなかったのがとても良かったです。このお兄さん本当に良い人で、前回のライブで買って二本持ってるので、と公式グッズのゆきりんだるまがプリントされた可愛いサイリウムを貸してくれました(T-T)。それだけでも恐縮したのですが、公演中にお借りしたサイリウムが電池切れだったのかなんなのかうまく光らなくなって申し訳ないなと思ってると新しい方を使ってください!と渡されて本当に恐縮しました…!ゆきりんワールドは慈悲の国…。

というわけで本編の話に戻りますが、それなりに焦らされたところから始まる「シアターの女神」は最高すぎて最高すぎました…。開演前にフォロワーさんと「正直逆上がりよりもシアターの女神の方が効くんだよね」という話をしていたところだったのでシアターが来る!と分かった瞬間息が止まりました。そういえば元々チームBの曲だったし歌わないわけがなかった…。シアターの女神→遠距離ポスター呼び捨てファンタジーという流れがとても良かった、呼び捨てファンタジーは少し違うけどガチ恋ソングでオープニングを畳みかけるとは、これがゆきりんワールドか…と思っていたらその締めが希望的リフレインで崩れ落ちた。息をするその度また好きになる…終わらないリフレイン…。

オープニングの畳みかけが終わるとゆきりんラジオの収録風景的なVTRで箸休め。大阪では朝の五時からの放送らしい。試されてるヲタク…。

てもでもの涙AKB48にハマりたてだった頃に大島優子さんと篠田麻里子さんがコンサートで優子さんとサドとして歌ったやつをもう目がタコだらけになるくらいによく見たので、なかなかに高まりました。生バンドはいいですね~。結構有名な方がバックで演奏されてたそうです。バイオリンがすごかったです。GreenFlashは本当に最後の方まで「聴いたことあるけどなにか分からない曲」だったのですが、サイリウムが緑に統一されたのでノッておきました。AKBのシングル歌ってくれると知ってるので助かるんですがやっぱ知らないので結果的に曲名が思いだせないみたいな事案が発生しますね…。不勉強です!続いてはジッパー!ちゃんと曲中にジッパーおろして衣装替えしていて、ちょっと手間取っている感じが可愛かったです。てか脚ほせえんだ…。

このあとのMCで雨女の柏木さんがすごいポジティブに雨を受け止めようとしてる話をしてたんですが忘れました。ビール飲んで寝たらなんでも忘れる。

次は365日の紙飛行機。やっぱりこの曲は大勢で歌うよりソロで歌う方が良い気がする。ゆきりんの声とか歌い方好きなのですごい良かったです。次はご当地曲(いわゆる日替わり部分ということでいいのだろうか)で兼任もしていたNMB48の曲を二曲歌ってました。もうナギイチきて青春のラップタイムきた時点でピークを迎えました。無駄にNMB48のリクアワを見続けた日々が実りコールも一番完璧にこなすことが出来ました。

ここでまた着席タイム、コンサートの振り返り映像というか今までのコンサートで歌ったバラード曲の振り返り映像が流れました。バラードタイムに突入する為だけにこの映像を編集したのか…とか思いつつ、そのまま夜風の仕業へ。ブランコが上から降りてきて歌いながらゆきりんが座ったのですが、安全ベルト的なものをつけるのに見るからに手間取っていてヒヤヒヤしました。つけられなかったらどうなるんだろう?!誰かつけにきてあげたら?!とか思ってたら無事つけられたみたいで空中ブランコしてました。なんか、空中に浮いたアイドルを全員が見上げてる光景、最高に信者って感じがして良かったです。やっぱオリジナルだなあ。

次の曲は知らない曲でしたがフレンチキスの曲だったようです。勉強していく!とかいいつつ全然勉強せずに行ったな。それでもまあまあ知ってる曲ばかりだったので助かりましたが。この沈黙ていう曲がなかなか良かったのです。「あなたがいない」という部分を聴いた瞬間にこれは良い!と思いました。なんかあそこむっちゃすちー。ここから突入するのが桜の木になろうですよ。まじ好きなんすわこの曲。これきた瞬間に「あっ、7000円(弱)の価値あったな」と思いました。最高。しっぽり聴きながら桜ドラマ思いだして無駄に見たくなりました。わたしはちんともデカパン回とゆきりえ回が好きです。からのショートケーキ。ああどうして幼馴染との関係をえがいた曲ってこうも素晴らしいのか。歌い出しがピークなんだよなあこの曲…と思ってたのですがちゃんとしっかり聴いたのは初めてだったのでなんだ良い曲じゃんと思いました。

ここからバンド紹介タイムが入って、そのままギターを持ったゆきりんが登場で前しか向かねえ。もうギター持って出てきた瞬間にGIVE ME FIVE!やられたらどうしようさすがに泣き崩れる、と恐れおののいたのですがこっちで良かったです。これはこれで歌詞が刺さるものはあるのですが。ゆきりん歌いだして早々にピックを落としてしまったらしく手で弾いたそうな。ギターのことは詳しく分からんのであれですが、大変そう←

ここで結構長めのMCが入ったのですが、柏木さんはトークもおつよいのですね。面白かったです。MCを挟んで後半戦ラストはジェラシーパンチ未来橋初日ポニーテールとシュシュという畳みかけでした。ジェラシーパンチは振付やコールの説明も事前にしてくれて親切でした。モニターにもちゃんと出るし可愛かったー。初日とかめちゃくちゃ久し振りに聴いたけど、よく考えたらこれも推しにゆかりのある曲だったな…と思いだしました。パジャドラの時のことはあまり調べてなかったので知らないのですがそのことを今になって後悔しました。どこで後悔しとんねん。

アンコールを挟んで、Birthday wedding。めっちゃウェディングソングで、わたしが柏木ヲタクだったら絶対結婚式でかけるわ…いやプロポーズソングだからプロポーズの時に絡めるか…?この曲をオルゴールにして…とか不毛な妄想にとらわれました。だってそもそもわたし柏木ヲタクじゃなかった…。ほんでこの曲も知らなかったんですが、次の曲も知らなかったです、しかしすげえ良い曲でした。明日も笑おうという曲で、ところどころヲタクがアイドルに向ける感情になぞらえることが出来るな…と最近知らない曲を聴くとそういうポイントばかり探してしまう自分に嫌気がさしました。

最後のMCでは大阪でライブまたしたい、みたいな話をしてました。「ここに居るみんなが絶対来てくれたら、もっと大きい会場で出来るからね」と言ってて面白かったです。絶対来てね、また来てねと言ってましたが結構マジでまた大阪でライブをやることがあれば行こうかなと思いました。名古屋くらいまでなら行ってもいいかもしれない。それくらいタノシカッタデス。

大声ダイヤモンドとかいう神曲を歌って、最後は柏木さんが作詞したという曲あなたと私で締め。ファンの人だったり支えてくれる人だったりを想って書いた的なことを言ってましたがそう思って聴くとなんてイイキョクなのかしらと思いました。

いつまでもあなただけのために
歌い続けていくからね「約束」

なんて推しが作詞したらこんなん、それをソロツアーで歌われたらそんなん、そら泣きますやろ~。わたしはゆきりんワールドガチ勢ではないので、しっとりするだけでなんとか持ちこたえました。アイドルのソロライブを見るのは初めてだったので間が持つかな、とか、そもそもわたし柏木さんのことほぼほぼ知らんぞ石川梨華さんをリスペクトいてることくらいしか知らんぞ…と心配していたのですが、特に問題なくタノシカッタデス。なんにしてもコンサートが大好きと語る柏木さんは本当に楽しそうだったので、だからですかねー。色々と大変なこともあるのでしょうけど、その場その場の瞬間を受け取っていきたいところです。純粋なので。

普段はなかなか会わないフォロワーさんと帰りに飲んで終電間近でのご帰宅でした。開演時間が遅かったのでアンコールできずに帰った親子が近場に居たりして少し切なかった!難しいところすなー(´・ω・`)