読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年と2017年

行く年来る年。行く恋来る恋。まさにそういう一年だった2016年。山下ゆかりちゃんが卒業した、宮崎梨緒ちゃんを好きになった、どれも今年の出来事かあ、と思うとどっちも濃くてどっちも忘れられなくて、なんか全部が全部遠い昔の出来事のような気さえしてくる。ああ懐かしい。昨年の今頃のツイートを見ていると絶賛ノイローゼでウケます。では毎年恒例色々まとめていきましょう。

2016年の目標

2015年末に立てた目標は「後悔しないヲタ活をする」と「胃を強くする」。胃は強くなりませんでした、むしろ飲酒量は増えましたお疲れ様でした。後悔しないヲタ活はまあ出来てんじゃないの、という感じです。昨年の総括ブログを見ているといかにも卒業ノイローゼだったのだろうなという文章を書いています。生誕公演辺りで卒業発表が来るのではないか、と本当に思っていた頃です。

2017年の目標

宮崎梨緒ちゃん♡をいっぱい好きでいる♡
というのはまあもはやお約束みたいなところがあるので書いておきます。まあそれこそ後悔しないヲタ活を、ということに集約されるのでしょう。胃も強くしたいし貯金もしたい、でもやっぱり宮崎梨緒ちゃんを一番好きでいたい(ダメだこりゃ)

はいじゃあ振り返り。

1月

前述の通りの卒業ノイローゼ。15年末に公演に入ったのですがその時に色々となんか違うなというのを感じたのがそれに拍車をかけました。わたしの受け取り方の問題もあるので今まで一度も誰かに見えるところで書いたことはなかったのですが、その時に今の彼女はわたしの好きな彼女ではないな、と思ってしまったりして、卒業ノイローゼというよりは自分の想いが変わりそうになっていることに対してのノイローゼだったのかもしれません。でもやっぱりとってもゆかりちゃんが好きな頃ですね。はっはっは。ヲタクっていつだって自意識の森に定住してる。ナオミとカナコ、back numberにハマっていた模様。

2月

卒業発表。:推しが卒業発表したでござる。 - パンダはにゃんと鳴かなかった
まだ今年の出来事なんてやっぱり分からないなあ。自意識の森、沼、闇、とにかくなにかに落ちていたので正直肩の荷が下りたような気分にさえなった。卒業ノイローゼの頃になにが辛かったってわたしの大好きなアイドルを誰かに勧めることさえしづらかったことだなあ。なんとなくゴールが見えすぎていて、無邪気に人に教えることが出来なくてつらかった。しかも本当にゴールはすぐそこだったわけだし。めっちゃゆかりちゃんを好きになってくれた人がゆかりちゃんと会えないままに終わってしまったことが本当は一番の後悔なのかもしれないです。うーん。でもまあとにかくそういう自意識から解放はされました。ついに取り越し苦労で嘆くのではなく普通に嘆けるようになってなんかラクになりました。ここまで全部自意識内で完結する話です。叩かないでください。

3月

ゆかりちゃんがアイドルを辞めました。未だに思い出すのは「普通の仕事をします」と告げた後に「ガッカリさせてしまいましたか」と泣いたゆかりちゃんのことです。きっと今はあっけらかんと笑って普通の生活を満喫しているのかなあと思うとなんとなくゆかりちゃんらしいなとか思ったりして、未練たらしいことは自覚しつつそういうことを考える瞬間もあります。思い返してみればアイドル山下ゆかりとの終わりはあっけなかった。卒業発表の後握手する機会はなかった。手紙さえ書かなかった。最後の最後までそれでよかったのだろうかと思っている自分も居たけどやっぱりそれでよかったんだと2016年が終わる今そう思えるので、まあよかったんだよ。

 正直わたしの力じゃ、握手をしたってこの一瞬を超える締めくくりは出来なかったと思う。すっごい笑いながら泣くな泣くなー!って言ったゆかりちゃんがあまりにゆかりちゃんで、やっぱ好きだったんだなあって今思い出してもそう思うし全然わたしは今でもゆかりちゃんが好きだと思う。あ~幸せになってほしいな本当。できることならもう芸能界には戻ってこないで、ゆかりちゃんの世界でゆかりちゃんが主役になってめいっぱい幸せになってほしい。でも戻ってきたくなったら戻ってきていいと思うし、その時はきっとちゃんとわたしは会いに行くんだろうなあって思います。でもやっぱわたしの中での山下ゆかりの物語は帰ってこない方が完成されちゃうんだろうなと思う、若干悲しいけど。

4月

なんだかんだ言って結構おセンチに病んでた気もする。福井に傷心旅行に行ったりゆきりんワールドに旅行に行ったりしてた。迷走といえば迷走だなあ。

5月

ゴールデンウィークの京セラドームで宮崎梨緒ちゃんに恋に落ちました。ほんっと自分でも思い出すたびにウケるんですけど、目が合っただけなんですよね。これはっきりネットで書いたことなかったかもしれないんですけど。ちょろいから恥ずかしくてあんまり言わないんですけど。目が合った時に梨緒ちゃんが笑ってくれて、その顔があんまりに可愛かったから好きになりました。ちょろいけどめっちゃ恋ですよね。誰も覚えてないようななんでもない一瞬をヲタクは一生抱きしめて生きていくんだよ。3月のお見送りでもそうだけど。自分が大切だと思えばそれが一番大切だよね。

6月

よく飲んだ。よく遊んだ。宮崎梨緒ちゃんに音速で恋した。

7月

よく飲んだ。よく遊んだ。宮崎梨緒ちゃんに826億回恋した。

8月

よく飲んだ。よく遊んだ。宮崎梨緒ちゃんのお誕生日でした。Lovelys!!!!からYes Happy!の二人が卒業することが発表されたり、色々あった8月でした。魔の8月だなあって感じある。ジュンジュンたちの卒業発表を思い出して浸ってた翌日とかのLovelys!!!!の発表だったのでさすがに目ん玉がアスファルトの上転がった。この辺からどんどん飲酒量上がっていく、WOTAKU情緒が不安定になるとすぐ酒に走るようなとこある。カメラ買った。

9月

何も言わずに渾身のブログを読んでほしい。わたしの九月はちゃんとここに詰まってる。あと飲みすぎて終電で寝込んでしまい淀で絶望したりもした。それも読んでほしい。
夢の終わり、アイドルの終わり - パンダはにゃんと鳴かなかった
09/25 Lovelys!!!!プラチナライブ〜いちばん大事なこと〜 - パンダはにゃんと鳴かなかった
生きててごめんなさいと心から思った日 - パンダはにゃんと鳴かなかった

10月

怒涛の夏が終わりちょっと現場数が落ち着いたようなそうでもないような。まあ相変わらず梨緒ちゃんのことを毎日好きになっているので現場数が減ろうが増えようが別にそんなのは大きな問題じゃなかった。わたしは梨緒ちゃんが好き。それだけがわたしの10月を彩った。ふふ、好き。(こわい)。あとはJuice=Juiceを五列目で見たりしました。

11月

24ちゃいになりましばぶう。梨緒ちゃんが好きだった。

12月

梨緒ちゃんが好きだった。めっちゃゴールディ行った。めっちゃ梨緒ちゃんのことが好きだった。ていうか好きになってからずっと好きだった。どんどん好きだった。現場納めは28日にサンホールで行われた対バンだったのですが、そのトリがイエハピさんで本編を終えてアンコールの時に袖にいるLovelysを呼び込んで四人でアニバーサリーを歌ったんですよ、なんつうエモだ、という話でねこれが。2016年最後の最後に泣かされたぜこんにゃろ!ずーっとアニバーサリー歌う梨緒ちゃんが見たかったんや~。二人になってからは歌ってないから……多分歌わないんだろうなって思うんだけど…いやエモでした~。写真を買うとサインを入れてくれる時があるのですが、そのサインに好きになってくれてありがとうと書き添えられていてトゥクン…でした。好きにならせてくれてありがとうだよ~。来年も好きでいられたらいいなあ。

みたいな一年でした。

とりあえず宮崎梨緒ちゃん。そういう一年でした。めっちゃ飲むのが楽しい一年だった。今まで割とめっちゃ飲む人か全く飲まない人しか周りに居ない、という感じだったのですが今年は割と飲むペースの合う人と出会うことが出来てもうそれがグッドバイブレーション(言いたいだけです)。おかげさまで結果的に飲酒量の上昇というよくわからないことにもなってます、たまには淀で絶望しちゃいます、でも全部楽しかったなー。色々あったけど来年もこんな感じでやっていきたいと思う。戻ってこないでほしい、とか言いつつわたしは山下ゆかりちゃんに未練たらりんちょで、それ以上に宮崎梨緒ちゃんに恋ING、正直なにがどうなってるか自分でも分からないけど、梨緒ちゃんを好きになってからゆかりちゃんは本当に推しだったんだなって思うようになった。さすがに2016年が終わったら本当にこういうことネットに書くのやめようと思った。あと数時間もすればもうゆかりちゃんがいない年が始まるんだよ!2016年はなんだかんだで居た年だったからね、ついにゆかりちゃんがいない新年を迎えるんだよ!!!たまんねーよなヲタクつれえ!!でも!わたしには!!!アモーレがいます!!宮崎梨緒ちゃんと新しい年を迎えます!!!エンダーーーー!!!!最高の2017年にしようなッ

相変わらずの気分屋ですがそういうわたしにお付き合いしてくれる皆々様方には本当に感謝しております。来年もより一層ガチ恋を磨いてゆき、自意識と向き合ってゆき、自分の殻に閉じこもりたいと思いますので何卒よろしくお願い申し上げます。では良いお年を。あと最後にこれだけは言っておきます、宮崎梨緒ちゃんが好き。