読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何を紐解いても好きしか残らない

性根までヲタクなのでなにをしていても基本的にアイドルのことを考えている、というようなところがあります。悪いトコです。そんな状態でAppleMusicを漁っていると指が勝手にガチ恋ソングを求めてサーフィンandサーフィンなわけです。ああ~、このフレーズがなければドンピシャのガチ恋ソングだったな、準ガチ恋ソングに認定しよう。あこれは文句なしのガチ恋ソングだ、今日も会いたいな~。そんな調子で夜を食いつぶしていったりもするわけです。気持ち悪いですか?今さらだよ、そんなの……。

これは現場帰りの曲、これは現場に向かう時の曲、これは会いたい時の曲これはヲタクに疲れた時これは……そんな風なこまごまとした分類をしてはヲタクテーマソングとして自分のプレイリストに入れていく。楽しい。そういう日々を過ごしていると、わたしの恋に一番存在してないのは当のアイドルなのではないか?と思う時さえある。ひとりで恋をしているのが一番楽しいのであって、そこに本人は不在なのではないかと。案外アイドル本人が一番蚊帳の外なのかもしれないこの恋。まあ蚊帳の中に入ってくるわけがないんですけど。片想い病、ヲタクにぴったり、あたい。

最近は吉田山田にハマっています。


金髪の人なんちゅう髪型しとんねん、という気持ちはいったん置いといて是非聴いてほしい。元々二人共の声が好きだなあという程度、ふんわり耳にしたことがあるという程度だったけどこの曲をもう間違いなくタイトルだけに惹かれて聴いてみた、それがドンピシャのガチ恋ソングだった。カラオケに行ったら入ってなくていちいちキレてる。入れてください。

キミが前髪をそろえる度に
「幼く見える」と気にしてるけど
たとえあと2センチ切り過ぎていたって
どうせ多分僕はキミが好きなんだ

http://j-lyric.net/artist/a052224/l01bc81.html

ああなんてたまらない歌い出しでしょうか。この歌詞を聴いただけで分かった、これはイイキョクだと。わたしは割と前髪が長い女の子が好みで、どちらかというとぱっつんみたいなのは好きじゃないのですが、例えば好きな人(アイドルのことです)がある日突然三戸なつめくらい前髪を切っても多分好きで、まあ極端すぎる例えではありますが。
まあ似合ってる似合ってないは当然あると思うけど、多分それを差し置いても「どうせ多分」好きなんですよね。もうこの「どうせ多分」が死ぬほど好き。分かるわー、どうせ、多分。好きなんだよね。

全部そのままのキミでいいんだ、と歌った最後に「全部そのままのキミがいい」で〆る、まあ当たり前の流れだし、そりゃそうだよなあという〆なのにこんなに響く。ちなみにわたしは現場の帰りにこの曲を聴くのが好きです。最寄りの駅について家までの道すがらで聴くのが好きです。「いつか 花のように散る時がきたとしたって 僕は後悔はしない」の辺りで大気圏突き破るくらいの好きが溢れ、あ~めいっぱいヲタクしよう!出来る間にヲタクしよう!好きでいさせてもらえる間は好きでいよう!みたいな気持ちになります。ヲタクってなんて平和なのでしょうか。好きだなあ、うふふ。

明日は好きだった人(元アイドルのことです)のお誕生日です。卒業から今日までのこと三月に入ってから沢山考えました。多分楽しく変わらずやってんだろうなあと思うとなんとなく清い気持ちになります。いい時間を過ごさせてもらって、いい気持ちをいっぱいもらいました。そんな明日はおうちでしっぽり思い出に浸る予定でしたが、好きな人(現役アイドルのことです)に会いに行くことにしました。色々考えたし、これでもかというほど自意識の森をさまよいましたが、やっぱりわたしは今の恋がいちばん楽しくて、多分それがいちばんイイコトなんだって思いました。あ~明日も楽しみだな!最高の3月12日にしような!……以上、ラジオネームガチ恋ピエロは遊びじゃねえんださんからのお便りでした。ありがと~。ガチ恋ピエロ、いつでも明るく元気に頑張ろね~。