読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんの意味もない話

今日はちょっくら用事があって天神橋筋の方に行ってました。帰りに、ここ最近食べたくてしょうがなかったサブウェイを食べて、最近ではお馴染みになった一駅二駅歩こうのコーナーを開催。京橋まで歩こう、と思ってたのに、京橋に着いた瞬間なぜか「よし、ここから地元の駅まで歩こう」となりました。おやおや、頭がおかしいのかな?

時間にして三時間四十分後、地元駅に着くことが出来ました。帰ってから計算したら時速四キロくらいだった模様。まあ、なんというか。平均的っちゅうか、平均以下っちゅうか。なんしか、思ってたより時間が掛かった。Google先生で大体の時間だけ見て、道順は車で通ったことのある道を行ったんですけど、Google先生よりプラス一時間くらい掛かってる。果たしてGoogle先生通りに行ったら一時間縮められたのか、はたまたわたしの歩みが遅いだけか。どちらにしろ、なんだかんだ住宅地とか通らされるのも大変なので大きい道路の横を歩いてる方がなんとなく安心感あるんですけどね。でも思ってたより精神的にはしんどくなかったなー。根性なしだから途中ですごい嫌々歩くことになるかと思いましたが、大丈夫でした。距離的には15kmくらいだったみたい。いやー、頑張った。今度はなんばくらいから歩いて帰りたい。調べたら距離は19kmくらい。なんとかなりそうな気がするー( '_' )。15kmくらいゆーても大したことない気はするものの、ちょっと、地元駅が見えた瞬間の感動がクセになりました(笑)。

今日はそんな感じで、もうへとへとなんでおやすぴなさい。