もしかして、趣味:うだうだ考えること、なのでは

明けましておめでとうございます。年末だし総括的なブログでも書きたいなぁ~!とか思ってたはずなのに、思っていたはずなのに。。。なんか今年よく聴いた曲の話とか書きたかったんですよね、でもよく考えたら今年そんなに音楽聴いてねえんだよなぁ~~とか思ってるうちに年を越してしまいました。ああ~~ん。まあでも本当、総括するほどの出来事もなかったなっていう2022年ではありましたけどもね。日々日々は色々あったはずなのに思い返そうとすると、あ、なんかさほどなにもなかったな、みたいになってしまう。現場にもさほど出てないですしね。ああ~~ん。2023年はもうちょっと活動的な一年にしたい。オタクがしたい。

そう、オタクがしたいんですよ。これは本当にずっとそうなんですよ。ただでも、そうは思いつつも心身の調子とかも相まっていまいち乗り切れず、趣味っぽい趣味を探し続けている2022年だったかもしれません。趣味ってなにがいいんですかね。アイドルオタクは正直ずっとやめたいんですよ。今なんとなくジャニーズを見たりしていますけどもそれは私の中ではアイドルオタクカウントではない感じがしていて、それはおそらくオタク活動といえばテレビを見て~、DVDを買って~、というくらいしかしてないからなんですけども。そんなんだから横のつながりもないですし、気楽で気軽でいちばん良い感じで、そういう意味ではこれがいちばん趣味っぽい趣味ではあるんですけども、いや~~~しかしこれがね、本当にあれなんですよ、まさにロッキングチェアすぎるんですよ。窓際のロッキングチェアに揺られるようなオタク人生ね、あとはもう余生だからそのようなオタク人生を歩んでいきたいとかエモ気に語ったりもしたんですけど、いざそうなってみるとなんとなくこう物足りない感じがするわけです。

現場に行くことが日常で、三度の飯よりチェキ!!!みたいな生活をしていた頃がなんだかんだで懐かしく思い出されてしまうんですよね。しんどかったけど命きらめいてたな、的なね。まやかしですけど。オタクの命がきらめくわけないですけど。でも自分が「イキテルッ」て実感できていたなら、それは上出来じゃないですか。なんだかんだ言ってもそう実感していた気がするんですよね。死んだ魚の目をして生きていましたけど、それでもやっぱりなにかしらアドレナリンが出る日々だったんだと思うんですよ。だもんで、あそこまでとは言わないけど、なんかもうちょっとオタクとして生きたいな、という気持ちが燻り続けるわけです。あの頃、楽しかったからね。2010年も、2015年も、2016年も、2017年も2018年も、楽しかったからね……。

アドレナリン・ダメ

アドレナリン・ダメ

  • provided courtesy of iTunes

それでまあ、じゃあどこでどうオタクをしようかっていう話なんですけど、結局そうなるとしんどいな……みたいな気持ちが勝ってきちゃう。なら思い出話を肴に飲んでたらいいのでは?みたいな感じもあるんですけど。それが最適解なのでは?みたいなところはまああるんですけど。。。

オタクをやるにあたってなにがいちばん大事だったんだろうなって最近考えていたんですけど。推しメンなのか、周りの環境なのか、もちろんどっちもかなり重要なんですけども、そのオタクをやっている自分のことが好きかどうかっていうのもかなり重要だよなということを最近思いまして。まさにあれですよ、決戦は金曜日です。「あなたといる時の自分が一番好き」というやつです。これは大事だなぁと思いまして、今のわたしがいちばん弱っているのはそこなんだなぁというのも思いまして。結局乗り切れないのはそこで、今わたしは自分というオタクがさほど好きじゃないんだろうなあ~、っていう。で、っていう。話では。あるんですけど~~!!!ライブハウスに行っても、ホールに行っても、なんかそういう自分の嫌いな自分というのが捨てきれてないんですよね。いうてしまえば没入していないというか。まあそれは前からといえば前からなんですけど、それにしたってもうちょっとましだったと思う。コロナ禍を経てライブというものから遠のきすぎたせいなのかな~~、まあそれも大きいかな~って感じはありますけども。そもそもライブ見るの苦手だったし。そういえば。

なにをしている時の自分が好きだろうねぇ、というようなことを考えながらこのブログを書き始めたのですが、そこそこいい年になってきていつまでわたしはこう思春期のようなことを言っているのでしょうか。悲しくなってまいりました。十五のわたしに伝えられることがなにもありません。共感なら、ものすごい勢いで出来るかもしれないですが……。

2023年は精神年齢をせめて18くらいまで上げられるように、少しでも思春期を脱せるように頑張ります。わはは。どんな結論やねん。そもそもオタクやめたらいい説ある。オタクをしたいという謎の欲求を捨てれば、そのようなことでうだうだ悩むこともないわけだし。わかるわかる。にんげん相手の趣味はもう色んな意味でしんどいなって思うこと増えたもんね。だよねだよね。なのにどうしてオタクをしたいんだろうね。どうしてアイドルが好きなんだろうね。特定の現場は今ないけども、それでもやっぱりアイドルという括りはやっぱり好きだもんね。なんなんだろうなこれもう細胞レベルのアレなんかな。ま~アイドルに人生救われちゃってっからな~~。何回も救われてっからな~~~。救われたいんだろうなぁ~~~、今も。

…………。

これ~~!思春期~~~!!!これこそ細胞レベルのアレ~~~!!しの~~~!

youtu.be