読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の終わり、アイドルの終わり

書かねば書かねば、いや書きたい、と思いつつ。
ちゃんと発売日に届いて、一回見たのに。
躍動した夏にかまけてなんとなく遠ざけていたブルーレイ。

f:id:turuuuun:20160829162123j:plain

宮澤佐江さんの卒業コンサートのブルーレイを買いました。

ゆかりちゃんが卒業してからもう半年が経つんだなと思うと長かったような短かったような本当によく分からない気持ちになります。ついこの間までそこに居たような気がするしもう何年も前のことのように感じたりもする。どんなに穴のあいた日々を送るかと思っていましたが、ま~~~ご存知の通り五月には新しい現場を見つけて躍動していました。ばくわらです。

そもそもまあ買わなくていいかなと思ってたんですけど、ね。そりゃね。あのガイシホールに山下ゆかりの虫のバラードが響き渡ったぞと言われりゃね。さすがに買うんですよ。めちゃくちゃ泣いた。届いた時にはもうLovelys!!!!にハマってたし正直まあ多少のダメージはあれど普通に見られるだろ、と思ってたのに街角のパーティ始まった瞬間泣いた。初めて行ったチームE公演で見た街角のパーティを思い出して、初めて行ったチームE公演で見た虫のバラードを思い出して、そうかあれからもう結構経っちゃうんだなと思ったら無性に泣けてしまった。すっかり忘れたような気がしてたのにめちゃくちゃ好きだったことはめちゃくちゃ簡単に思い出せてしまう。

青い衣装を着たゆかりちゃんが「みんな集合~!」と声を掛けると旧Eの面々が出てきて始まる街角のパーティ、こんな素敵な演出があるかよ!というお話です。この曲ほんっと好きだった、チームEの逆上がりの中で一番好きな曲だった…初めて行ったガイシコンでもチームEが歌ってくれて本当に嬉しかった…!大人になってすっかり綺麗なお姉さんになったゆかりちゃんが最後にこんないい演出で街角のパーティを歌う映像が手元に残るなんて、さすがに泣くだろってことですよ。泣くんじゃねえとかじゃないんですよ。泣かせてくれおぱとら…。しかも曲中に四期メンバーからメッセージが!ゆかりちゃんにサプライズで!なんちゅー最高の演出やねん、もういい加減にしてくれ干からびるわ。花音ちゃんと阿弥ちゃんはゆかりは四期の誇りだと最後の方よく言ってくれてましたね。みんなの誇りだよゆかりちゃん。しくしく

そこから始まる虫のバラード。公演が終わってからはリクアワでしか披露する機会がなかった虫のバラードが、やっとリクアワでも何でもないコンサートで、しかもガイシホールで。ごめんけど泣くや~ん、泣かせにくるや~ん。最初の方リクアワで歌う前泣いたり震えてたりしてたゆかりちゃんが、まー堂々と歌い上げるんですよ。ガイシのステージにたった一人でこんなに堂々と歌えるのか、としみじみしてしまいました。

でもわたし、満足してしまってはいけないのかもしれないけど。
ガイシホールで「虫のバラード」を1人で歌わせていただけたとき、夢が叶ったと思ってしまいました。
嬉しくて嬉しくて仕方ありませんでした。

ブルーレイを見てまず思い出したのはゆかりちゃんのブログ。最終公演について書いたブログで上のように書いていたんですよね。歌手になりたいって言ってたのに普通の仕事を選んだことについて、という流れでこういう風に書いていました。当時でも十分納得する文章だったのですが、映像を見て改めて、もう悲しいくらいに、悔しいくらいに納得してしまいました。すごく惜しいけど、めちゃくちゃ勿体なく感じるけど、でもしょうがないな、なにかが完結してしまうほど美しいステージだ、と思いました。

普通の仕事をすると報告した後、がっかりさせてしまいましたかと泣いたゆかりちゃんのことは今でもたまに思い出します。かわいかったな~って思い出します笑。アイドルの夢はヲタクの夢にもなってしまうことが大半。アイドルの夢が叶う時はヲタクの夢が叶う時だし、アイドルの夢が終わる時はヲタクの夢も終わる時なんですね。アイドルって言うてしまえばただの女の子なのに、そのただの女の子にかけられた想いって一体どれほどなんだろうとか思いました。思考回路が発展しすぎですね。でも本当にそう思った。そもそもこんなブログを書いていることがかけてしまっている想いなのかもしれない、想いは重い。アイドルを好きでいるということはどういうことなのだろう。

 

ゆかりちゃんが踊る姿がとても好きで、コンサート中の表情も全部好きで、中でも好きなのは曲中の移動だったりしました。だから大箱のコンサートは好きでした。ゆかりちゃんがステージを行ったり来たりしたり、ちょっとくるっと回ってみたり、そういうのが本当に好きでした。逆上がり公演の時に劇場のステージでよくクルクルしてたゆかりちゃんもすっごく好きでした。逆上がりもシアターの女神もラムネも。パジャドラは生では見られなかったけど、全部好きでした。これで全部終わりだ!いよいよ終わりだ!このブルーレイを買うことがわたしにとって最後の推しごとでした。本当にゆかりちゃんが大好きでした。アイドルらしくないなと思うくらい人間味があって、そのくせとっても「みんなのアイドル」だったゆかりちゃんが大好きでした。いやー、終わった終わった!いい時間を過ごさせてもらった!!!またねは言わん!!ほんっと幸せになってくれ!チームゆかり幸せになってくれ!!!さようなら!!クソほど楽しかったわゆかリスト!

 

~完~