読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思えば遠くへ来たもんだ

明けましておめでとうございます。新年早々身の回りではフルスロットルになにかが起こり、かつフルスロットルでヲタクをしていたため時間がありませんでした。明けましておめでとうございます。2017年、いよいよ2010年から7年が経ち平成も終わろうかという今日この頃皆様いかがお過ごしでございましょうか。わたしは相変わらずです。今年は年明けから飲みに行った回数(宅飲みは除く)を記録してみようかなあ、とか相変わらずどうでもいいことに興味を持っていたりします。金額を記録したら死にたくなると思うのでとりあえず回数。

二度目の年女も終わりわたしも今年で25ちゃい、四捨五入すればついにみそぢの仲間入りということで身が引き締まる想いです。嘘です。身が引き締まる想いなんてしないです。身はたるんでいくばかり、だって人生下り坂だもん。20代のうちに痩せなきゃ、20代のうちに肌を手入れしなきゃ、20代のうちに勉強貯金就職エトセトラあ~もう全部そのうちですまだまだ放っといてください!とか言ってるうちに20代も折り返しですよ奥さん。いやこれなんちゅー笑い話。

昨日の夜寝る時にぞっとしました。わたしは15歳の誕生日にモー娘。のDVDを買ってもらったのです。こんなDVDなんて勿体ないと母に小言を言われながらそれでもどうしてもこれがいいと駄々をこねて買ってもらった「映像 ザ・モーニング娘。4 ~シングルMクリップス~」。あれから10年。わたしはなんら変わり映えしない。相変わらずアイドルが好きでむしろ前よりも好きで前よりもディープな世界に入り込み前よりもディープな想いを日々温めている。変わったことと言えばアイドルに対する母の態度、思想が軟化したことくらいであります。10年前の私に言いたい。10年後の母は驚くほどにヲタクに対してアイドルに対して寛容になっているよ、と。それはなぜかというと君が親不孝なまでにヲタクだからだよ、と。戻れるものなら戻ってほしい、君が行こうとしている道はアゲハ蝶だ。

新年早々うまい鍋を食べながら酒を飲んだらグロッキーになった。そんなに飲んでないのにグロッキーになった。卒倒しそうになりながらカラオケになだれ込んで、そこから三時間四時間(死にそうなのに)歌い続けた。早朝のカラオケでうたた寝から蘇った時の絶望感をもう誰も知らないでほしい。早朝のカラオケで仮眠なんて取らない方がいい、酔っ払った後ならなおのこと───そのことだけを皆に知っていてほしい。そう思うわけです。つまり、今年もそういう調子で進んでいくのだということをわたしは早朝のカラオケボックスで、新年を迎えて一週間程度のカラオケボックスで悟ったわけです。いつでもわたしの絶望に寄り添うのはジャンボカラオケ広場。カラオケBanBanの出る幕はない。本当の闇はここからだ。この調子でわたしは新しい年を迎え続け中身はなにも変わらないままで三十路を迎える。四十路を迎え五十路を迎える。多くは望まない、出来れば屋根のあるところで暮らしたい。あとその日暮らすだけのお金をその日に稼げるだけの何かがあればいい。

ヲタクで居るということが当たり前になりすぎていて「困ったなあ」と思うことの方が増えてきたような気はする。あくまでライトなアイドルファンでは居たいような気はするけど、そろそろヲタクは潮時な気がします。今の箱、というか今の推し、というか今の好きな人、というか、今は今で楽しめる限り楽しむとして次はもうナシにしたいなあ、というところ。以上新年のご挨拶でした。飲み会誘ってネ~

思えば遠くへ来たもんだ

思えば遠くへ来たもんだ